新着記事 PICK UP!

安定的に集客を10人以上出来るようになる簡単な方法

絞る

どうもこんばんは!

AUPOIの松尾です!

 

本日は、前回の記事でお伝えした集客法についてです。

前回の記事はコチラ

 

これで10人集まればあなたも月収100万超えへと到達!

 

魅力的な商品であれば自然と集まる。

魅力

これは前回でもお伝えしましたが、自分の価値観と合っていて、確信が深い商品であれば、

自然と魅力的になります。

 

ここを構築するのが私の得意分野でもあります。

 

ではこれを誰に伝えるか?非常に重要です。

 

一番簡単なのは絞ること

絞る

これは基本中の基本ですが、そもそも誰に一番伝えたいのか?は重要です。

 

これがあれば、あなたの広告やプロダクトのオファーを見た時に、

あ、これ私のことやなぁ!ってなってもらう必要があります!

 

私であれば、会社員をすることに疑問を感じている20代限定です。

 

理由は勉強会でお伝えしています♪

 

中身は決まれば掲載する

ここからは、完全に方法論ですが、魅力的な商品が決まって、

伝える相手も決まれば、後は露出するだけですよね。

 

そこでオススメなのがセミナーや勉強会に誘導するというベターなやり方です。

 

オススメの掲載先はやはり、セミナーズやこくちーずなどの、ポータルサイトです。

 

ポータルサイトってなに?って方はググってください。

 

セミナー案件とイベント案件のサイトを両方使う

これは結構大事です。

 

どちらにしても無料掲載サイトなので、載せる数は多いほうがいいですよね。

 

ここで、セミナー情報サイトだけではなく、イベント情報サイトにも載せるのがキモです。

 

イベント情報サイトは、合コンや交流会、婚活などが掲載されていますが、

そちらにも掲載します。

 

イベント情報サイトを載せるときの注意点

ここでの注意点は、このセミナーで金融投資を学べばあなたも億万長者へ!

 

みたいなタイトルだと削除される恐れがあるということです。

削除

内容は同じでも、タイトルをイベントっぽくしましょう。

例えば、朝活でおいしいコーヒーを飲みながら、金融投資の情報を深め合う勉強会♪

 

みたいな感じです。

 

オフラインで勉強会へ誘導

ここで大切なのはオンラインに偏らないことです。

例えば自ら交流会へ出かけ、新規の連絡先などを増やす努力は惜しまないこと。

アポ取り

知り合いにしっかり当たる、紹介を当たってみる。

などのアポ取りセールスをオフラインで行い、集客することも重要です。

 

 

とにかく行動する

飛び越える

 

ここまでくれば、あとはとにかく片っ端からしっかり掲載していくことです。

 

結局は行動力なので、オンラインのwebサイトを活用して集客する。

オフラインで直接誘導する。

 

この二つの組み合わせが重要です。

 

結構、偏る意見のコンサルも多いですが、

私は両方をうまく活用して組み合わせるのが最初は近道だと考えています。

 

まとめ

集客は慣れれば、楽に安定的に出来るようになります。

 

ただ、悩んでいる人は非常に多い印象があります。

 

この記事を読んでもっと具体的な部分が知りたい方は、

コメントやお問い合わせを頂くか、HPに載せているSNSからコンタクト下さい!

 

そして、私の勉強会へ参加するという行動が非常に大切です!

 

大好評♪☆20代限定☆起業、副業で今の月収を50万増やせる勉強会

 

ここで具体的なノウハウを一挙公開しています!

 

是非お問い合わせを!

以上です!

 

 

 

 

関連記事

  1. YES

    異業種交流会完全攻略法!これであなたもアポマスター

  2. キス

    効果的なキャッチコピーの作り方はKISSの法則

  3. web集客

    ほとんどのコーチコンサルがweb集客出来ていないその訳とは?

  4. SNS

    SNS集客の基本ってご存知ですか?

  5. セミナー風景

    ハイパフォーマンスマーケティングメソッド公開セミナー終了しました!

  6. engagement

    集客の基本のエンゲージメントってご存知ですか?

  7. 売上を上げたいweb制作会社、デザイナー必見!儲かる会社が実践している秘密を公開!

  8. マーケティング

    マーケティングの本質ってご存知ですか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事

  1. はてな
  2. メール
  3. 握手
  4. 違い
  5. 差別化
PAGE TOP