新着記事 PICK UP!

セールスは事前準備が8割!!!

孫子兵法

どうもこんばんは!

ゆとり起業家育成コーチことAUPOIの松尾です。

 

本日はセールスの事前準備について!

事前準備を完璧に行えば現場に入る前に勝ったも同然

 

 

事前準備怠るセールスマンは非常に多い

 

営業では、現場でいかに勝負するか?

といった風潮が結構流れていることも少なくはありませんが、

それは完全に間違いです!

 

事前準備をせずにセールスへ出かけると、確実に現場であたふたし、契約を逃すことになります。

 

悲しみ

 

仕事は基本的に計画8割とか言われるのに、

なぜかセールスでは準備を怠る人が非常に多いです。

 

疑問

実際に、セールスは現場でいかにうまいこと相手に言葉巧みに商品を売るか?

と思っているかたもいるかもしれませんが、

 

セールスは戦略と計画性が命です。

話術は二の次です。

 

事前準備を行えば勝ったも同然

中国の兵法家で有名な孫子という方をお耳にされたことはございますか?

孫子兵法

もしなければググっていただきたいのですが、

この方は非常に戦略的な兵法を展開された方なのですが、

 

現在のビジネスにもこの兵法を活かした経営戦略を実践するほど、現代でも使える戦略だったのです。

 

その孫子さんが残した有名な言葉で、

 

【来た、見た、勝った】

 

という言葉があります。これは、敵軍が来た時に、その陣形を見て、

事前準備を完璧にしていた孫子が、戦をする前に勝ったと悟り言った言葉です。

 

要は、事前準備を徹底すれば、営業(戦)をするまえに契約をしたも同然です。

 

スマートな事前準備

 

実際、どんな事前準備が最適かここで紹介します。

 

相手を徹底的に調べておく

 

まずはクライアントの情報は可能な限り手に入れます。

情報

要はリサーチですね。法人なら、どんな会社なのか、事業は何なのか、主力商品は何なのかなど。

個人であれば、SNSなどで趣味や仕事内容などしっかり見ておきましょう。

 

調べた情報を元に当日の営業の流れを考える

せっかく手に入れた情報なので、それを元にシミュレーションとイメトレです。

イメトレ

そして完璧な営業の流れを構築しましょう。

資料の完璧な用意

当日必要な資料は必ず揃えておきましょう。

 

忘れるなんてことは無いように。。。

 

必ず売れると信じ切っている最高の状態(ピークステート)になる

燃える

ここが一番重要です。

セールスは状態によってかなり左右されます。

 

売れる気がしない、、、なんて状態で行くのは絶対ダメです!

NO

戦場の確認(場所取り)

これも大事ですね。

個人コンサルやコーチ、個人相手のセールスとなったときに大事なのは場所です。

 

くれぐれも相手のホームタウンでするのは控えて下さい。

相手の戦場で戦うのと同じです。

 

好ましいのはホテルのラウンジやロビーです。

ラウンジ

 

そしていざセールスへ(まとめ)

 

ここまでの事前準備をしていざ戦場へ繰り出すと、来た、見た、勝ったが起きるかもしれませんね!

 

これ以外にも細かな部分はございますが、大きくここが事前準備のポイントです!

 

これであなたも事前準備マスターへ!

 

この記事を読んでもっと具体的な部分が知りたい方は、

コメントやお問い合わせを頂くか、HPに載せているSNSからコンタクト下さい!

 

そして、私の勉強会へ参加するという行動が非常に大切です!

大好評♪☆平成生まれ限定☆ゆとり起業家育成勉強会

 

ここで具体的なノウハウを一挙公開しています!

是非お問い合わせを!

以上です!

関連記事

  1. コーチングは稼げない?ライフコーチングで稼ぐための秘訣を公開します。

  2. 売上を上げたいweb制作会社、デザイナー必見!儲かる会社が実践している秘密を公開!

  3. 心理学

    心理学や感情的価値を利用した営業術について 2

  4. 聞く

    効果的なヒアリングとは?ヒアリングとは○○の力!

  5. 握手

    人脈がない20代でも起業して安定的に売上をつくる方法

  6. 話し方

    相手に伝わる話し方のテンプレートがあるって知ってました?

  7. 心理学

    心理学と感情的価値を利用した営業術について 3

  8. 階段

    効果的な営業トークの3ステップ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事

  1. はてな
  2. メール
  3. 握手
  4. 違い
  5. 差別化
PAGE TOP